フラーガンの主成分であるオメガ3脂肪酸の豆知識

オメガ3がたくさん入った亜麻仁油サプリのフラーガンの主成分であるオメガ3脂肪酸の豆知識をご紹介
MENU

フラーガンの主成分であるオメガ3脂肪酸の豆知識をご紹介

近年オメガ3脂肪酸や亜麻仁油などがスーパーフードとしてよく知られていますが、オメガ3脂肪酸とは一体どんなものなのでしょうか?通常の油分と何が違うのでしょう。

 

 

オメガ3脂肪酸は脂質濃度を低下させる、心臓の病気リスクを予防

 

まず血液中の脂質濃度を下げてくれる働きを持っているので、コレステロール、中性脂肪を減らす効果があるので、動脈硬化の心配がなくなります。

 

また動脈硬化が原因となっている心筋梗塞、脳梗塞なども予防してくれるので、一石二鳥の代物となっています。

 

また花粉症にも効果があると言われていますし、ダイエットにも役立つと言われています。

 

 

脂肪燃焼にはオメガ3脂肪酸が必要

 

ダイエッターには速報ですが、オメガ3脂肪酸がなければ脂肪燃焼が出来ないのです。
ですから積極的に青魚を食べたほうがよいでしょう。
またメタボ予防のためにオメガ3脂肪酸が効果を発揮すると言われています。

 

しわやたるみを予防し、エイジングケアの効果もありますし、さらにメンタル面ではうつ症状を緩和することも出来ると言われているまさにマルチ才能を持ったオイルであることが分かります。

 

摂り方としては青魚、イワシやアジなどに含まれていますが、生で食べるのが最も効果的ですが、それは非常に難しいと思われますから、サプリメントなどで手軽に摂取すると良いでしょう。
また、普段の料理油を荏胡麻油にしてしまうという手段もあります。
多少お値段は張りますが、健康のためには最も良い方法です。

 

また緑黄色野菜やくるみなどに含まれますから、おやつにナッツ、くるみなどを食べるとヘルシーかつダイエット中のおやつとして最適でしょう。

 

 

普段から青魚などバランスよく食べている人なら良いのですが、そのような食卓は食の欧米化と伴って最近の日本の家庭では見られなくなっています。
そのため、オメガ3脂肪酸が不足していると言われていますから、少しでもオメガ3脂肪酸が摂れるようなものを食べていきましょう。

このページの先頭へ